* 在 学 採 用 *

学業・人物ともにすぐれ、かつ、健康な者

学資の支弁が困難であると認められる者

ア 愛媛県母子父子寡婦福祉資金(修学資金)

次のいずれにも該当することが必要です。

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

高等学校等在学者に対する、定時の募集です。

   この奨学金は、貸与終了後必ず返還しなければなりません。

平成17年4月以降に高等学校(専攻科、中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部を含む。)、高等専門学校又は専修学校の高等課程(修業年限が2年以上の課程で教育委員会が認めるものに限る。)に入学した者

採用決定及び通知
  ・・・選考委員会の選考を経て、採用候補者を決定します。
     採用決定の通知は、9月上旬頃在籍する学校を通じて行います。
*連帯保証人(保護者又は保護者であった者)と連署した誓約書の提出が必要です。

本制度の奨学生、以下の奨学生でない者及び特別支援学校就学奨励費T段階U段階支給者でない者

保護者(親権を行う者又は後見人。以下同じ。)又は保護者であった者が愛媛県内に居住する者

募集の概要 提出書類(募集) 愛媛県奨学資金TOP 教職員厚生室TOP
予約採用 貸与方法 返還方法 Q&A
在学採用 貸与月額 返還例 様式集
緊急採用 諸届け(貸与中) 諸届け(返還中) 他の奨学金制度

募集時期
  ・・・・6月上旬頃

奨学生の募集については、在学校を通じてお問い合わせ下さい。

イ 愛媛県高等学校定時制課程及び通信制課程修学奨励資金

ウ 独立行政法人日本学生支援機構からの奨学金

(6)

愛媛県教育委員会教育総務課教職員厚生室厚生事業係
TEL:089-912-2926(係直通)、FAX:089-912-2914
メールアドレス:kyoushokuinkousei@pref.ehime.lg.jp
〒790-8570 愛媛県松山市一番町四丁目4-2

保護者又は保護者であった者が、奨学金の趣旨を理解し、将来の奨学金返還の義務等について、保護者の立場から責任を自覚していること。

・・・出願資格に加えて、出願基準(こちらでご確認いただけます。)を満たしている必要があります。