* 奨学金の返還について *

返還期間

 この奨学金は、先輩からの返還金を直ちに後輩の奨学金として貸与する仕組みとなっています。
 みなさんからの返還が円滑に行われないと、次の貸与に大きな支障が生じることとなります。
 このシステムを理解していただき、
約束通り必ず返還してください。
奨学金借用証書及び奨学金返還明細書

※なお、平成24年度以降に採用された奨学生については、出願時に低所得世帯等であり、
返還の際に本人の収入が生活保護受給者に準じる程度しかない場合、その事情が続く期間は
返還を猶予することがあります。

返還の免除

 奨学生本人が死亡したり、心身障害等やむを得ない理由により返還が不能となった場合には、願出により、審査の上、奨学金の返還を免除することがあります。

返還の猶予

3.返還の猶予・免除
 延滞した場合には、奨学金担当者が自宅を訪問したり、勤務先に電話をする場合があります。また、法的措置を取ることもあります。
 ただし、返還期限を過ぎても納入しない場合は、返還期限の翌日から返還の日までの期間の日数に応じ、返還すべき額につき年7.25パーセントの割合で計算した延滞金を支払わなければなりません。
2.返還方法
1.返還の流れ
利息等

当該年度の返還を次年度以降に先延ばしするものであり、返還回数及び返還額は当初計画のままです。

奨学金の返還に関するお問い合わせ及び書類の提出先は、教職員厚生室奨学金担当になります。

奨学金の返還は年賦で、毎年12月に愛媛県から納入通知書を送付します。
それにより、12月末日までに、県指定の金融機関等に振り込んでください。

返還方法

奨学金返還に関する調査表

奨学金の貸与終了

奨学金は無利息です。

愛媛県教育委員会教育総務課教職員厚生室厚生事業係
TEL:089-912-2926(係直通)、FAX:089-912-2914
メールアドレス:kyoushokuinkousei@pref.ehime.lg.jp
〒790-8570 愛媛県松山市一番町四丁目4-2
 返還期間は貸与終了後15年以内ですが、1回の返還額を万円単位とする定めがあるため、実際は12〜14年程度で返還していただくことになります。

異動届もしくは辞退届(卒業によらず貸与が終了した者)

「連帯保証人の印鑑証明書」

*猶予を希望する年度の5月末日までに、返還猶予願を提出して下さい。

借用証書等の作成及び提出

次の書類を奨学金貸与時の在籍校へ提出して下さい。
 


連帯保証人は、保護者又は保護者であった者を原則とします。

 進学等により奨学生本人が奨学金を返還することが困難であるとの願出があった場合、審査の上、返還を猶予することがあります。

 貸与の終了した月の翌月から起算して6月を経過した最初の12月(卒業の場合は、卒業した年の12月)から返還が開始されます。

募集の概要 提出書類(募集) 愛媛県奨学資金TOP 教職員厚生室TOP
予約採用 貸与方法 返還方法 Q&A
在学採用 貸与月額 返還例 様式集
緊急採用 諸届け(貸与中) 諸届け(返還中) 他の奨学金制度