愛媛県

タイトル 愛媛県の文化財

 

画像 国指定重要文化財 道後温泉本館 国指定重要文化財 「道後温泉本館」
                 (松山市)

 
 愛媛県内各地には先人たちの貴重な文化遺産である有形・無形の文化財が数多く受け継がれ守られており、現在、広く県民に親しまれている道後温泉本館のほか、国指定の文化財(国宝・特別天然記念物を含む)は202件、県指定の文化財は322件、登録文化財は116件にのぼっています。
 このうち、国宝として建造物3件(太山寺本堂・石手寺二王門・大宝寺本堂)、考古資料1件(伊予国奈良原山経塚出土品)、河野通信が奉納したといわれる鎧などの大山祇神社所蔵の工芸品8件が指定されています。
 また、平成28年7月には「臥龍山荘」が国の重要文化財に、10月には「伊予遍路道」が国の史跡に指定されました。
 

1 国・県指定文化財等

 

2 文化財の登録制度についての紹介

 

3 埋蔵文化財 


〒 790-8570
愛媛県松山市一番町4丁目4−2
愛媛県教育委員会 管理部
文化財保護課
TEL 089-912-2975
FAX 089-912-2974
E-Mail bunkazaihogo@pref.ehime.lg.jp






愛媛県教育委員会へ戻る

文化財保護課トップページへ